入庫から納車までの品質確認

オークション会場で希望のお車が見つかり、お客様とのお打合せのあと、「オークション落札-搬送-車両検査-契約-整備-納車」までの間に、車両確認を行っております。
すべての確認工程をクリアしたお車だけ納車をしています。

1.オークション相場の確認

オークションで見つかった車両に対して、全オークション会場の過去3ヶ月間のデーターをさかのぼって、履歴を確認します。
過去の出品情報に同一車両が無いか、またその際の出品情報に不具合や修復歴が無いかの確認をします。
そのうえでデーターを精査して、最適な落札相場を算出します。

2.落札車の確認

オークション車を詳細に確認をします。
この内容をもとに、お客様をオークション参加の最終的な決定を打合せます。
(車両の状態があまり良くない場合は、オークション参加を見送らせていただく場合があります)

3.会場搬出時の確認

無事に車両の落札ができたら、すぐに陸送手配を行います。
オークション会場を搬出時にもう一度、内外装の傷・汚れがないか確認を行います。

4.到着時の確認

1~4日後、専門の陸送専門会社より、落札車両が搬入されます。
弊社到着時に、運送中の傷が無いかを、再確認します。

5.入庫時の確認

陸送専門会社より搬入後、当社の工場でオークション出品表と相違が無いか確認をします。

6.リフトアップして確認

オークション車両をリフトアップして下からオイル漏れやキズ、ヘコミ、サビ、ダメージなど、オークション会場では確認できない下回りの確認をします。
他に専門の機械でコンピューター回路の不具合も確認します。

7.実走で確認

通常の市街地を走行して走行テストを行い、エンジンの吹け具合や、トランスミッションの変速具合、足回りのショック、ブレーキの効き具合など、
テスターなどでは出てこない不具合を、実際の体感をもとに確認します。

8.ボディー確認

ボディに付着した鉄粉や不純物を専用の溶剤を用いて除去します。
そのあと仮仕上げをして、再度ボディのキズや塗装の劣化などが無いかを確認します。

9.第三者機関による確認

ボディーの確認まで終了した車両は、第三者機関の検査専門会社AISに依頼をして、品質検査を受けます。検査項目を合格した車両には、品質評価書が発行されます。
ここまでの工程を全て合格したら、お客様に車両を確認していただき、ご契約となります。

10.付属品の確認

車両の入庫から1週間前後で、オークション会場より書類が送られてきます。
法定書類、新車保証書、点検記録簿、スペアキー、リモコン類など、出品表と相違がないか確認をします。
また印鑑証明など重要書類は専属の行政書士にて取り扱い名義変更をいたします。

11.納車前の確認

納車前に国土交通省認証工場にて12ヶ月法定点検、整備による確認をします。
車検が無い車両は、国土交通省指定工場にて24ヶ月法定点検、整備によるチェックと検査ライン・テスターによる保安確認検査を行います。
メーカー保証継承をする車は、各提携ディーラーにて、保証継承点検、及び手続きを行います。

12.ボディー最終確認

法定整備・名義変更・ナンバープレートの封印が無事に終了した車両は、内外装の再クリーニングを行います。
上記のすべてを行い、合格したものだけを納車いたします。
ボディのガラスコーティング施工をご希望の場合は別途ご用意しております。