Staff Blog

意外と知らない交通違反!?

2015年02月4日

おはようございます。
車のお探し専門店 インパクトの神田です。
今日は天気が良くないですね(pωq)
朝の温度はまだまだ堪える寒さです・・・

先日見た記事です。
車やバイクを運転するときの交通ルール。守らないと違反になりますよね。
「スピード違反」や「信号無視」、最近特に多いのは「携帯電話」といったものは分かりやすい
ものですが、なかには「それも違反になるの?」というものも多くあるそうです。
そんな、意外な交通ルールを紹介します。

◆鍵のつけっ放しで車を離れる
 鍵だけでなく、窓の開けっ放しやエンジンのかけっ放しなど、他人が車を容易に運転できる状態で放置する ことは道路交通法違反になります。うっかりやってしまいがちですが気をつけましょう。

◆むやみにクラクションを鳴らす 
 道交法54条2項には、原則としてクラクションは鳴らしてはいけないという記載があります。鳴らす場合も 使える場所や機会が限られているのです。
 ですので、前の車の速度が思ったよりも遅い・前の車の発進が遅いといったことに感情的
 になってクラクションを鳴らしてしまうと違反になってしまうのです。
 また、歩行者に対して鳴らすのも違反になるので注意です。

◆高速でガス欠 
 高速道路でガス欠になってしまった場合、これも違反になります。高速道路において、
 燃料不足で運転を継続させることができなくなることは「運転者の義務」という条項に
 違反していることになるのです。

◆高速道路の追い越し車線を走り続ける
 高速道路の一番右側のレーンは追い越し車線です。前の車を追い越したいときなどに、
 このレーンに入りますが、実はここをずっと走り続けるのは違反になるのです。
 というのも、あくまでここは「追い越しをするための車線」で、普通に走行するのなら一般
 レーンに戻らないといけないのです。道路交通法の第3章 第20条の違反になってしまいます。私の知人も コレで捕まりました(^^;)

87007_06

◆高速道路で50キロ未満での走行
 上の二つと同じく、高速道路の走行に関する意外な違反。高速道路では時速50キロ未満での走行は最低速度 違反になり、反則金を取られてしまいます。スピードの出しすぎは駄目ですが、遅すぎるのもダメなんですね・・・

◆夜間のロービーム
 夜間のロービームでの運転は実は道路交通法違反になります。道路交通法第52条には
 「車両は、夜間、道路にあるときは、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければ
 ならない」とあります。つまり夜間はハイビームで運転しなさいということなのです。
 また、ハイビームで運転していても歩行者などがいればロービームにしないといけません。切替タイミング が難しいですね。

hqdefault

と、例をあげればまだまだあります(・ω・`〃)
エンジンのかけっ放しは違反だったんですね(^^;)
寒い冬は、ついついしてました(・ω・`。)
普段、当たり前に知っている違反だけでなく、こうした『無意識に違反しているかもしれない』という交通違反があったりするので、運転をする際、気付かないうちに違反してしまわないように注意しながら安全運転を心掛けてくださいね( ̄∇ ̄)

インフルエンザが流行ってるようです。
うちの甥っ子ちゃんもかかってしまいました(。・ω・。)
私はインフルエンザではないのですが、ノドをやられたようで、声がガラガラです(^^;)
ただでさえオカマちゃんみたいなのに、声がこれでは更にヤバイです・・・
今日は週の真ん中、水曜日。
早く帰って、体調を万全にしたいと思います。
みなさんも、くれぐれも風邪・インフルエンザ等には気をつけて、外から帰ったらまず『うがい・手洗い』を忘れずに(笑)
今日も一日、がんばりましょうね~( ̄∇ ̄)

インパクトのホームページはこちら