Staff Blog

安全装置は何がある??

2015年07月15日

こんにちは。
車のお探し専門店 インパクトの神田です。
今日は暑い!!
暑すぎます(>_<) これでは、これから先が思いやられますね(T_T) 先日、お休みをいただき、県外に行った時の話です。 空気圧警告灯が点灯しました( ・_・;) 高速道路の上だったので、必要以上に焦ってしまい・・・ 県外だったので、ディーラーさんに車を持っていき見てもらい、 何とか無事に帰ってきましたが(^^;) そもそも、安全装置にはどんなものがあるのでしょうか? 代表的なものをあげると↓↓↓ ◆シートベルト  もしも事故にあった場合、自分だけでなく乗っているすべての人の安全を確保する重要な装置。  車にはいろんな安全装置がありますが、どれも事故の時に人間にあたえるダメージを軽減するものです。  それらの安全装置はシートベルトの正しい装着をすることで効果を発揮します。 image011

◆エアバッグ
 自動車の追突時に乗車への衝撃を緩和する装置。
 衝撃を車の各部にある「センサー」が感知して、センサーからの信号が「コントロールユニット」を経由して、
「インフレーター(ガス発生装置)」内で爆発させ、そのガスを利用してエアバッグを瞬時(約0.03秒後)に膨らませ乗員の安全を補助する装置です。
エアバッグの呼び方にも「SRSエアバッグ」や「デュアルSRSエアバッグ」などがあります。

airbag_img

◆ABS
 アンチロックブレーキシステムのことで「アンチ」は「非~」や「反~」という意味のことから
 「完全にロックしないブレーキシステム」のことをいいます。

absillust

◆ブレーキアシスト
 急ブレーキをした時に運転者のブレーキを踏む力を補助する装置で
 アンチロックブレーキシステム(ABS)と併用される緊急ブレーキシステムの事をいいます。
 急ブレーキをした時に「ブレーキを踏む速さ」と「ブレーキを踏む力」をコンピューターが感知して
急ブレーキと判断すると油圧ブレーキの圧力を高めて「強いブレーキ」を補助してくれます。ABSの機能を最大限に発揮できることから、緊急時により安全な制動力を期待できます。

illust001

◆チャイルドシート
 読んで字のごとく、子どもの命を守る装置です

front-childseat

どれも命を守るものです。
シートベルトをしない・チャイルドシートをしないなどの違反をせず、
また、警告灯が点いたらすぐ点検しましょう。

日が長くなってきたので、もうすぐ19時とは思えないほど、明るいですね(^^;)
もう少し仕事がんばって、今日は従業員さんの誕生日なのでお祝いでみんなでご飯食べに行ってきます(≧∇≦*)♪
誕生日って、いいですね~( ̄∇ ̄)
皆さん、今日も一日、おつかれ様でした♡

※写真はイメージです

インパクトのホームページはこちら