Staff Blog

信号が黄色のとき踏むのはどっち??

2015年03月4日

こんばんは。
車のお探し専門店 インパクトの神田です。
気づけばもう、こんな時間です(^^;)
どうりでお腹が減ってきたわけです(>_<) 先日、気になる記事を見つけました。 『危険!渡る手前で信号が黄色、そんなとき踏むのは・・・・・』

信号が赤のとき、止まらなければいけないのは交通ルールの常識ですよね。
では、黄色信号の時はどうしてますか?
赤信号にならないうちにスピードをあげて渡るべき?
基本的には速度を落として止まらなければいけませんよね。
渡っていいのは、信号が黄色になったときに停止線を越えていた場合や、安全な位置に止まれそうにないなどの、止まったほうが逆に危険につながるときのみ。
でも、そういった基本的なルールですが、実際には守られていないことも・・・。

20150301-00000011-mynavis-000-1-view

そこで、普段運転をしている社会人の皆さんに以下の質問をしてみた結果・・・・・↓↓↓

Q 渡る手前で信号が黄色に。そのとき踏むのは??

 ブレーキ   257人(60.9%)
 アクセル   165人(39.1%)

6割の人が「ブレーキを踏む」と回答。ブレーキとアクセルの判断は時と場合によって異なると思いますが、それぞれの理由は様々でした。

◆ブレーキ派
 ・止まるほうが安全
 ・無理にスピードを出すのが怖い
 ・止まれそうなら止まることを優先する
 ・焦って事故をおこしたくない
 ・危険はできるだけ避けたい

◆アクセル派
 ・どうしても「いける!!」と思ってしまう
 ・後から追突されると困るので
 ・流れを止めたくない
 ・急ブレーキを踏むと後ろの車が迷惑するから

「急ぐよりは止まったほうが安全」という意見が多かったブレーキ派。
「注意していれば渡っても問題ない」という意見と「ブレーキを踏んだほうが危険」という
意見にわかれたアクセル派。

ルールを守ることを心がけてはいるものの、とっさの決断を迫られた場合は、その選択が分かれてしまうようです。
瞬間的に判断するのではなく、ある程度信号の変わり目を予想したり、
信号が見えたら前方車や周りを注意しておくことが大切ですね。
焦って運転するのではなく、心に余裕を持って運転してください。
とにかく、交通事故にはお気をつけくださいね!!!

どうやら花粉が飛び回っているようで、鼻がグズグズです(T_T)

0d2397021

でも、病は気からなので、花粉症だとは思っていません( ̄∇ ̄)

今日は週の真ん中水曜日。
早く帰って、ひさしぶりに美味しいものでも食べようと思います( ̄∇ ̄)
皆さま、今日も一日おつかれ様でした(≧∇≦*)♡

インパクトのホームページはこちら