Staff Blog

メーター改ざん

2016年01月13日

こんばんわ。
車のお探し専門店 インパクトの神田です。
とにかく寒い(>_<) その言葉しか出てきません(T_T) 新年がスタートして半月が過ぎようとしていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 正月休みのだら~とした感じを抜け出せたでしょうか? 私は・・・・・(笑) さて、今日見たニュースです↓↓↓ 自動車の総走行距離を示すメーターの数値は変更できない仕組みですが、 特殊な機器を使えばメーターがアナログでもデジタルでも巻き戻しが可能だそうです。 このため、走行距離を減らした中古車を高く売りつける業者が後を絶たず、 詐欺や不正競争防止法違反容疑で摘発されてきていました。 crsm0000000000

車検証には、車検を受けた際、備考欄に走行距離が記載されます。
以前は車検を受ける度に書き換え、過去の記録は残らなかったんですが、
国交省が2004年に乗用車、2009年に軽自動車の最新の車検時の記録とその一つ前の
車検時の記録を併記する方式に改めました。
つまり、巻き戻せば車検時に前回より走行距離が減ったことが一目瞭然になるということです。

しかし、残念ながらそれをくぐり抜ける業者が現れたそうです。
車検を受けたあと、すぐにもう一度受け直し、真正な走行距離の記録を車検証から消すという手口です。
岐阜県警が、この手口を使い不正に巻き戻した車を売ったとして愛知県内の中古車業者を
昨年7月に詐欺などの疑いで逮捕したそうです。

81

また、大阪府警が一昨年に摘発した業者は、同じ手口で数千台を不正に販売したそうです。
車検証を発行する「軽自動車検査協会」が大阪の事件を受けて調べたところ、不正が疑われる軽乗用車は
全国で約2000台に上ったそうです。

こうした手口の対策として、国交省はメーターを交換するなどして走行距離が以前より
短くなった場合には、過去の車検時に記録された最大値を追加記載するよう改めるそうです。
何度車検を受けても「最大値」は消えず、購入者が不自然な記録に気付きやすくなるそうです。
安心してください!!
車のお探し専門店 インパクトはそのような不正はしませんし、そのような車も取り扱いません!!
その新方式が始まるまでは、車検を受けた日付が近接していないか十分注意してくださいね!!

早く、メーター改ざんがゼロになればいいのですが・・・(>_<) 気付けばもう、こんな時間です。 毎日あっという間に一日が終わってしまいます。 昨日、久しぶりに友人の家でお腹いっぱい夕飯をいただきました(≧∇≦*) 相変わらずたくさん出てきて、どれも美味しくて・・・❤ 家庭料理に飢えてる私だったので、満足して帰りました( ̄∇ ̄) 早く、あんなお腹も心も満たされるあったかい料理を作れるようになりたいです、もうこんな歳ですが(-.-#) 皆さん、今日も一日おつかれ様でした~!! ※写真はイメージです

インパクトのホームページはこちら