Staff Blog

ガソリンの種類

2015年06月19日

こんにちは。
車のお探し専門店 インパクトの神田です。
降ったり止んだりで、ジメジメした嫌な天気ですね(^^;)
早くカラッと晴れてほしいものです(≧∇≦*)

さてさて、自動車はどうやって動いているか、それは皆さん、ご存じですよね( ̄∇ ̄)?
そうです、ガソリンで動きます。
あっ、まぁ現代社会では電気や水素などの方法もありますが、ひとまずそれはおいといて(笑)

ガソリンには種類があるのはご存じですよね?
軽油(ディーゼル)・レギュラー・ハイオク
です。

04

よく質問されるのが、レギュラーとハイオクってどう違うの?
ってやつです。
わかりやすく言えば、『燃えにくさ』が違います。
ハイオクは燃えにくく、レギュラーはそれよりも燃えやすいのです。

例えば、バネをめいっぱい締めた状態から手を離すのと、半分くらい締めて手を離すのとでは
めいっぱい締めたほうが高く跳ねるはずです。
ハイオクはバネをめいっぱい締めた状態で火を点けて爆発させた状態。
つまり、締めれば締めるほど反発力が強くなるのがハイオク(ハイ・オクタン価)。
それだけエンジンの爆発力を引き出せる燃料だということになります。

ただ、メーカーがハイオクを指定していない車にハイオクを入れてもあまり効果は期待できません。
それは、ハイオク仕様の車とレギュラー仕様の車では点火タイミングが違うので、
それぞれの最適なタイミングで点火させてあげないとダメなんです。
ハイオク仕様車にはハイオクを、レギュラー仕様車にはレギュラーをなるべく入れてあげてください。

今日は金曜日。
あと10日ほどで6月も終わりです。
もう今年も半分が終わるんですね(^^;)
あっという間に1年が経つんですね・・・
歳を取ると日々早く感じます(^^;)
今日は一週間がんばったご褒美に美味しいもの、食べます( ̄∇ ̄)♡
皆さん、今週もおつかれ様でした!!

インパクトのホームページはこちら